ウォーターサーバーの注意点


ウォーターサーバーを利用している家庭は近年徐々に増えており、親せきや友人の自宅を訪問した時に実際に見て興味を持つ人も多いものです。ウォーターサーバーにはじつにたくさんの業者があり、サーバーや水の種類の組み合わせも豊富にあるのでどこにしたらいいか迷ってしまう人も多いものです。
サーバーは、月々のレンタル料を支払っていく方法や購入するタイプもあり、また購入する水の量によってはレンタル料が無料になる業者もあるために一ヶ月にどのくらいの水を使用するのかを先に計算しておく必要があります。また、水がミネラルまで濾過したピュアウォーターであれば不純物も少ないのですが、天然水の場合には自然のままでもあるので衛生面に気を付けなければなりません。定期的なサーバーの掃除を家庭で行う他にも、サーバー内部の汚れのためのメンテナンスはどのように行なうのかも先に確認しておく必要があります。レンタル料は無料であっても定期的なメンテナンス料にコストがかかるという業者もあり、年間通して利用する費用のトータルで考えることが重要です。一定期間利用しないとキャンセル料が取られることもあり、ウォーターサーバーの選択はたくさんの業者から費用面や衛生面も考慮して比較してみるといいでしょう。

管理人愛用サイト


人間が生きていくためには必要なもののひとつである水、その基本となる水を安心・安全に摂取することができるものがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーの正しい取り扱い方法は?


いつでも美味しい水が飲めるウォーターサーバー。お湯もすぐに使えるので、お茶やコーヒーを飲むときに、いちいち沸かさなくても済みますし、赤ちゃんのミルク作りにもとっても便利です。私たちの生活を便利にサポートしてくれるウォーターサーバーは、正しい取扱い方法で安全に使用しましょう。
まず大事なのは設置する場所です。倒れたりしたら大変危険なので、安定した平な場所に設置しましょう。また直射日光が当たらない風通しの良い場所が望ましいです。そして、電気を使いますからコンセントの位置が、万が一水がこぼれたりしても漏電の危険がない場所にしましょう。また、サーバーの背面は熱を発するので、壁にぴったりくっつけないように、定められた距離を離して設置しましょう。
ボトルの交換時は、ボトル差込口の周りをきれいに拭いて、必ずボトルのシールを剥がして、雑菌が入らないよう突起部分に手を触れないように差し込みます。
ボトルの水は、開封前と開封後の賞味期限をよく見て、期限内に使い切るようにしましょう。
蛇口は冷水と温水の2つあり、温水を使用する際は火傷に注意しましょう。とくに小さいお子さんがいる家庭はより注意が必要なので、いたずら防止や安全のためにチャイルドロックの付いたウォーターサーバーを選ぶと安心して使用することができます。